スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

また保護ちゃん

2010/06/08 Tue 17:38

        至急 里親様募集しております


          過酷な環境の中、保護をされた子猫ちゃん6頭のお家を探しております

             このままお外にいたら、助からなかったかもしれない命
             この子猫たちに、暖かいお家を・・・幸せな家族を・・・・

       赤い糸でつながれたお母さん・お父さん、僕たち(私たち)を探して下さい


          2010_0526_103252-IMG_7373_convert_20100527212519[1]


     2010_0526_103639-IMG_7382_convert_20100527212619[1]    2010_0526_103946-IMG_7396_convert_20100527212731[1]


     2010_0526_102950-IMG_7365_convert_20100527212804[1]    2010_0526_103028-IMG_7367_convert_20100527212848[1]


                    2010_0526_103401-IMG_7376_convert_20100527213003[1]


       血液検査(エイズ・白血病)すべて陰性  虫駆除済  トイレトレーニング済

           6ニャンともみんな、可愛くてとても甘えん坊な良い子たちばかりです
                      多頭飼いのお家でも大丈夫ですよ

                 この子達が気になる、一度会ってみたいと思われる方
                        詳しくはこちら(→)をご覧ください



         ※子猫たちは可愛いゴールデン時期を迎え、すくすく元気に育っております
                  今からが一緒に過ごしやすい時期に突入します
                    どうかこの時期を見逃さないで下さいね




更新が空いてしまってごめんなさい(>_<)

きっと読んでくださっている方たちは『またか!』って感じですよね
本当に申し訳ない限りです

我が家のちぴが幼稚園で水疱瘡をもらってきたおかげで、何もできない(T_T)

ワクチン打ってるのに発症して、おまけに風邪まで・・・・
幼稚園で何もかももらってきております
・・・・なんて言い訳にしかなりませんが(^^;)



今年は保護ちゃんが多いお話を以前しましたが、本当に多い
それも見目が良く、ノミや虫など付いてないキレイな子達が・・・・


なぜでしょう~???

答えは簡単


生粋の野良ちゃんはほとんどいませんから、保護される子猫たちのほとんどが飼われている母猫から産まれているか、当然父猫が飼い猫

きっと血統はすごく良かったりするんだろうな・・・みたいな子が多い現状です

私は時期が時期なのでさすがに保護をしませんが、今年は私の血縁がよく拾ってくる(T_T)
先日の茶々丸君は、兄と家族
茶々丸君はカラスの犠牲になりそうなところを保護したので仕方ないのですが、今回はその兄の一人愛娘
私のとっては姪っ子ちゃんになります

その姪っ子ちゃんがまた子猫を保護??というのかな・・・拾ってきました(連れてきた?)が正しいかな(^^;)


まだ生後20日位の子猫の兄妹
2010_0607_093256-IMG_7564_convert_20100608161024[1]
シャム風の男の子♂(仮名:レオ君)、サビ柄の美形ちゃん♀(仮名:ふーちゃん)

この兄妹、経緯は未だ謎なのですが聞けばお友達と遊んでる公園で鳴いていたとの事・・・
たった二匹で草むらにいたらしいのですが、たぶん母猫もどこかにいたのでは(--;)

子供が子猫の近くにいる場合、母猫は危険を察知して近寄る事をしないでしょう
そのすきに子猫を連れてきているようです


2010_0607_093407-IMG_7573_convert_20100608161301[1]
こんなに可愛い子猫が目の前にいて鳴いていたら、子供なら連れていきたい気持ちもわかるんです


2010_0607_093329-IMG_7567_convert_20100608161230[1]
お腹がすいているのかもしれない、捨て猫かもしれない・・・そんな気持ちで連れてきたんでしょう


2010_0607_093543-IMG_7582_convert_20100608161359[1]
連れてきたものは今更戻せるはずもなく、子猫たちは兄の家にいます
ただ私は先日の茶々丸君もいるので、気にはなるけど・・・・
(茶々丸君は猫友さんのSさんのお家でスクスクと成長しております)


2010_0607_093835-IMG_7589_convert_20100608161539[1]
ただこの子猫たち、純粋野良の産まれにしてはキレイすぎるんです(^^;)
ノミもお腹の虫のなく、ただ軽いヘルペス症状だけ


まさか・・・・
2010_0607_093856-IMG_7591_convert_20100608161632[1]
公園に置き去りにされたのか??
それとも、無責任な餌やりさんの犠牲になった子か???


2010_0607_094012-IMG_7594_convert_20100608161713[1]
そんな謎の残る子猫ばかりが保護されております


2010_0607_130637-IMG_7601_convert_20100608161955[1]
多くの子が幸せを掴んでくれること・・・
それだけが今の願いです


そして・・・

子猫を保護する場合、周りの状況をよく見て下さいね(^^;)
もしかしたら母猫がいるのかもしれません

子猫は保護をしてお家を探してあげるのが望ましいのですが、その場合は子猫だけではなく母猫も一緒に保護をして欲しいと思います

子猫が健康に育つには、人工哺乳より母猫の母乳が一番です
また、子猫がいなくなった母猫は子猫を探し回ります
離乳できていない子猫を離す場合、その状況は見ていて辛いものがあります(私たちは生後2~3か月経たないと渡すことはしませんよ)

また子猫を奪われた母猫は、また出産するために発情します
そして新たに、不幸な子猫が産まれてしまうのです・・・・

ですから、必ず保護する場合は母猫も一緒に保護をし、離乳と共に不妊手術を受けさせて下さい
それだけで、不幸な子猫が産まれるのを防ぐ事ができます


そして保護をした場合、人任せ(まる投げ)ではなく責任を持って里親探しをしましょう
どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m


            最後まで読んで頂いてありがとうございますm(__)m

              
             皆様の温かい”ポチ”が励みになってます(*^_^*)

            
         ランキング参加してます宜しかったら”ポチッ”とお願い致します

                 にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ 人気ブログランキングへ

                       

                    いつも、ありがとうございます


※最近(いつもですが^^;)、コメントのお返事が滞っており、コメントを下さっている方たちにお返事も書けずに、不快な思いをさせてしまい本当に申し訳ありません
もし宜しければ、ブログ(URLをお持ちの方)の方に直接遊びに伺わせて頂き
コメントを残すことで、お返事に変えさせて頂く事ができれば、すごく嬉しいです
ない方にはこちらでお返事を書かせて頂きます
横着をして本当にごめんなさいm(__)m
皆様から頂きますコメントには とても励まされ頑張ろうという勇気が湧いてきます
どうぞこれからも温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します


スポンサーサイト
猫ボランティア | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
水疱瘡ですか、痒くて可愛そうね。
更新が遅れるの、言い訳じゃなく仕方ないです。
と言うより、そろそろ身体のことに専念して、大事にしてね。

うー、、、なんとも哀しい現実ですね。
どうして捨て猫が減らないんだろう、避妊去勢が進まないんだろう。
無責任で自分勝手な人は減るどころか増えてるんでしょうか?
時々「野良猫は幸せ」なんて言う人がいますが大間違い。
野良猫がいることが間違ってるってことに気付かないのかな?
この子達もどうみても野良猫の子供には見えないですよね。
どうか心ある人の元で幸せな猫生を全うして欲しいです。
No title
ここをお借りして・・・
福岡市長にメールを送りました
保健福祉局生活衛生部生活衛生課 課長より返事が来ました。

福岡市では,平成21年4月に多くの市民の方々や動物関係団体等からいただきました意見を参考にして「福岡市動物愛護管理推進実施計画」を 策定し,特に,犬猫の引取りや殺処分頭数の削減を目指して様々な施策に取り組んでいます。
具体的には,飼えなくなった犬猫の引取りを依頼する飼い主に対しての指導の強化と,やむをえず収容した犬猫については可能な限り譲渡を行うとともに,飼い主のいない猫問題の解決に向けた地域猫活動への支援や,動物関係団体との共働による適正飼育の啓発等を行っています。
また,ペットショップ等の動物取扱業者に対する指導につきましては,重要な課題であると考えており,研修会の充実や定期的な立入による監視指導を行うことで,動物の適正な取扱いなど従業員の意識向上を図っています。
今後も,「人と動物との調和のとれた共生社会」の実現を目的として,動物愛護管理に関する施策を推進してまいりますので,ご理解とご協力をよろしくお願いします。

以上です・・・どう思われますか?
No title
chacoriさんもとても大変な時期ですが、
ちぴちゃんも水疱瘡になってしまったのですね><
大丈夫でしたか??
更新のことは気になさらないでくださいね。
体の調子も良く時間もたっぷりある時にゆっくりでも構わないと思いますよ^^
私もよく1ヵ月くらい休止したりしますよ^^;

保護猫さん事情、毎年変化をしているのですね。
保護活動やTNR活動が広がっていく一方で、
そうやって無責任に放棄したり、または身勝手に
無責任にごはんだけあげてしまう人もまだまだたくさんいるのですね・・・
なんだか、とても悲しいです。
そして保護活動をするにも、やはり無知は最大の敵ですね。
これ以上不幸な猫さんを増やさないためにも
保護する側もよく考えて行動するも大切なんですね!
もちろん、放棄はもってのほかです!
野良猫さんが居なくなることがいちばんですよね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。