スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

これが現実

2010/02/10 Wed 10:15

今回は少しだけ真面目なお話を書きたいと思います
つまらないと思いますが猫好きさんなら是非に知って頂きたい事、また周りの方にもお伝えして頂ければと願いを込めて書きました

良かったらお付き合いくださいね


前回でも少し触れましたが、新年早々保護しちゃいました(もう2月ですが)

生後6~8か月の女の子の姉妹2頭

この子達の話は猫友さんから伺っていたのですが、聞いてしまったら放っておくわけにもいかず
現場に行ってきました

2010_0202_151220-IMG_6040_convert_20100202210829[1]

とある駅近くの公園の所にこの子達姉妹ともう1頭男の子の兄妹が捨てられているのか、流れついたのか
知人いわく『今まで見かけたりしなかった猫たち』が3頭も急に現れたのです

2010_0202_151554-IMG_6051_convert_20100202211054[1]


そして地域猫を認めてもらおうと一生懸命されている知人は、この公園に現れる無責任な人たちに悩まされています
地域猫を認めてもらうには中途半端は許されません
もちろん餌やり・水やり・トイレのお世話から掃除と100%以上できてこそ、ご近所のご理解が得られるのにほとんどの方がされているのは餌やりだけ
それも無責任な放置餌

その放置餌がどれだけの被害を出しているかご存知ですか??
まずはカラスの被害、カラスは頭の良い動物です
猫のえさが放置されている場所に現れては食い荒らしていきます
そして極めつけは子猫や子イヌなどまでにも被害を出しているのです

次に、動物を(特に猫を)不快に思っている人たちによる虐待
これが私が一番心配している事です
先日も知人が地域猫としている場所に長方形に足の毛をそられた猫がいました
その子は幸運にもご夫婦のご自宅に連れて帰ってもらい、今は家猫として暮らしております
この子のように助かる子ばかりではありません
ほとんどが無残な姿で見つかるか、不明のままなのです

世の中、猫好きさんばかりではないので本当に気を付けてもらいたい事なのに、無責任な猫好きがご自分の偽善心ゆえに虐待と言う恐ろしい結果を招いているのです


この子達も無責任な人たちに餌付けされているのでしょう
人慣れをしており、このままでは不幸な子猫を産むこと、また人の手による虐待等が心配されたので保護してきました
(これを読まれて、他の人が保護するから自分は関係ないとかまたむやみに子猫などを捨てて良いなどと勘違いしないで下さいね!!私たちは個人で精いっぱいできる範囲で頑張っています)

2010_0204_164539-IMG_6084_convert_20100208153709[1]

餌やりをされている方たちは最後まで責任を持ち、不妊・去勢手術を施すこと
また放置餌をやめ、必ず残骸は持って帰る事
掃除などを強化して行う事


どうか猫好きさんが猫嫌いさんを増やさないで下さい
猫たちは人と共生して生きることができる動物です

2010_0204_164603-IMG_6086_convert_20100208153732[1]

この子たちは血液検査・虫駆除も終わりましたので新しいお家を探したいと思います
里親募集のページを作りますので、その時は宜しくお願い致しますm(__)m





そしてもう一件
これは年初めにあった本当のお話で、私的には腹の立つとしか言えないお話です


この子もまた人の犠牲により放置された猫ちゃんなのです
2010_0127_161103-IMG_5991_convert_20100208154005[1]
この猫ちゃん、どこに放置されていたと思います??

とある駅の女子トイレに小さなケージに入れられ、置きっぱなし
それを見つけた駅員さんがした事は、当然里親探し・・・・そんなわけはありません

当然警察へ、落とし物として届けたのです

ここまでは良かった(捨てた人=置いて帰った人はあわよくば誰かに保護してもらいそのまま大事に持って帰ってもらうか里親を探してもらおうと安易な考えだったのでしょう)

警察(行政)がそんなことをしますか??
そんな風に助けようと思う人がたくさんいるのならば、福岡が殺処分ワースト1位になるはずがありません(●`ε´●)

警察がした行為はお預かりではなく、福岡市動物管理センターへの収容
そうです・・・警察は管理センターで飼い主探しをしようと思ったのかはたまた厄介ばらいをしたのかご本人しかわかりませんがこの子は管理センターに連れて行かれたのです

ここで本当に大事にしている人(ならばそんなことはしませんが)なら、駅はもちろんのこと色々な場所の警察や管理センターに問い合わせるはず
でもこの子には一向にそんな連絡はありませんでした

ただ収容の期日が迫るばかりで・・・・


何度も何度も言いますが
       犬猫の遺棄は法律で罰せられますよ


私も個人でボランティアをしている身、管理センターの収容猫ちゃん達まで手を出してしまうと大事になるのでなるべく見ないようにと思っていたのですが、習慣とは恐ろしいもので自然に手が収容猫欄をクリックしていたんです

最近の福岡の収容猫はほとんど事故で亡くなっている子などが収容されており健常の猫は見る事がありませんでした

この子を見た瞬間衝撃が!!!!
以前私が野良ちゃんでTNRした猫にそっくりなんです( ̄□ ̄;)!!

『なぜにこの子が??!それも太り過ぎ猫って・・・』

見てしまうと居ても立っても居られない私(この時点で心臓爆ばくです
休み明けの4日に早速管理センターに連絡してみました


私:『キジ白の猫ちゃんなのですが・・・』
管:『飼い主さんですか?』
私:正直に『いえ、違いますが・・・実は・・・』今までの事を話す

管:『はぁ~・・・飼い主の方か、飼い主になる人にしか渡せません』

私:ちょっとムカッとしながらも 『わかりました』


・・・・・・何か腑に落ちない物がありましたがここは穏便に電話をきりました

そしてイライラ、もやもやの気持ちを抑えきれず直談判と思い、収容期限を待たず6日に今度は知人と直接管理センターに行ってみました
福岡の方はご存じと思うのですが、どよ~んとした雰囲気な管理センターはそれはそれは陰鬱極まりないものであまり踏み入れたくない場所です

早速受付にいた係りの方に話すと、突撃訪問に驚いた様子で断固として拒否されました
でもここで引いては意味がないのでせめて会わせて下さいとお願いをして”特別に”を何回も言われながら会わせて頂きました

2010_0106_112418-IMG_5743_convert_20100208154154[1]

管理センターの職員がいる本館から2階の階段を上がり、外に面した渡り廊下で行く収容部屋は犬たちも収容してある部屋もありました
ガラス越しに聞こえる犬たちの叫ぶ声・・・その表情がたまらなく涙が抑えれませんでした
人の犠牲により殺される動物たち・・・・せめてもっとどうにかできないのか
非力な自分が情けなく、伝えることで何か変われればと思いますが問題は私たちだけではないと考えさせられました

その猫ちゃんを連れて頂くとまた収容されたそのケージの小ささにも驚きが隠せませんでした
太り過ぎと書かれていたその猫の身体をギリギリに詰め込んでいると言った方がよさそうなケージ
その猫の表情は怯えを隠せないのと助けて欲しいのでしょうか・・・・甘えた声で可愛らしく鳴いてアピールしていました

その場ですぐにでも連れ帰りたかった私たち
『個人にもボランティアにも渡せない』と言い放った職員には、全く殺処分率を無くそうとか犬猫を助けようと言う感にじは見えませんでした

とりあえず2日後の期日に連絡を下さいと言われたので少し期待をしながら待つ事に・・・・

そして逸る気持ちを抑え2日後の朝、さっそく連絡すると先日の担当者とは違う職員

職員は私に『里親になる人には2回講習に来て頂いて審査後に引き渡しますが、それ以外は受け付けていません』

・・・・・・・・ブチッ

何かが切れる音がしました(いや本当に・・・)
職員のあまりの融通の利かなさと助けようという意志の無さに腹立ちが抑えれませんでした


私:『それでは殺処分も無くならないし、行政と民間が手を合わせて助けれる子は助けてあげた方が良いんじゃないですか』

職:『行政で決まっている事は変えれません』

私:『でも助かるんですよ・・・殺処分したいわけではないでしょ』

職:『決まりごとは決まり事ですから・・・』

私:『でもこの子はトイレに置きっぱなしで、一応誰かに飼われていた子でしょう?里親探しはしやすいですよ』

職:『この猫は警察が“殺処分”で連れてきたんですよ』

私:『・・・・・』

私:『警察がそんな事を言ったんですか?それは愛護法で許される事ではないですよ』

職:『警察はほとんどそうですよ』

私: 絶句

これ以上に何か言いましたが、そこは省略させて頂きます
でもこれが行政の本質なのです

でもこの子は引き取りたい、助けたいその気持ちだけでした

いつもお世話になっている猫友さんのSさんに電話をかけて今までのいきさつを全て話しました
Sさんはボランティア団体の方とも繋がりがあるので助けて頂ければと思いましたが管理センターの実態は助けるよりも殺処分が楽だと思っているようです

ボランティアの方も今は引き取りができないらしく、救う道が閉ざされてしまいました
落ち込むしかありませんでした

そこへSさんから再度電話が・・・・
助けれる道が開けました

Sさんの旦那様がお知り合いの市議さんに相談して下さったそうで、その市議さんは管理センターなどの体制を改善されたいと思われている方だったのです
『100%大丈夫とは言えませんが』、と謙遜して言って下さるSさんに嬉しくて泣きそうになりました
取りあえず市議さんと管理センターのやり取りの結果を待つ事にしました

どれくらい時間が経ったでしょうか
結果は”OK”

・・・・・・・愕然としました
こんなに個人もボランティアの方々も頑張っているのに、結局は権力だけが優勢だったのです

行政がこんな感じではこれからも福岡の殺処分は無くなる事がないと思いました
ただ引き取りにに伺った時、管理センターの方とお話しさせて頂きましたがこれからは行政と民間が力を合わせるという事に前向きに検討下さるということだったのでこれからに期待したいと思います

でもその道が開かれるのは、当然無責任な飼い主や放置餌だけをする人たちがいなくなる事、また不幸な犬猫をつくる原因となる安易に手に入るペットショップの運営も考えるべきだと考えます
欧米の愛護とは200年も後れを取っている日本

ひとりひとりがもう少し意識を高めていけたら変われるのかもしれませんね
そのためにはもっと行政にも頑張ってほしいものです・・・期待したいと思います(^^)

2010_0127_161338-IMG_6006_convert_20100208154047[1]

今回私一人の力では引き出す事も不可能だった(仮名)ティガ君
多くの方に助けて頂き、ティガ君の命を救う事ができました

Sさんには本当に感謝の言葉しかありません
本当に本当にありがとうございましたm(__)m

この出来事は始まりでしかありません・・・・まだまだ不幸な犬猫が収容されて毎日のように無残に命を奪われているのです
どうか今現在ペットして一緒の暮らしているその子たちの命を尊重してあげて下さい
ただの愛玩動物ではなく、私たちと何一つ変わらない同じ命である事、その事を忘れないで欲しいと願わざるにいられない出来事でした
そして皆さんに知って頂く事、これがこれからを変える手立てになればと思い長い長文ではありますがこの場をお借りして書かせて頂きました

最後までお付き合い頂きまして、本当にありがとうございますm(__)m

不幸な犬猫が幸せを掴めますように・・・・




            最後まで読んで頂いてありがとうございますm(__)m

              
             皆様の温かい”ポチ”が励みになってます(*^_^*)

            
         ランキング参加してます宜しかったら”ポチッ”とお願い致します

                 にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ 人気ブログランキングへ

                       

                    いつも、ありがとうございます


※最近(いつもですが^^;)、コメントのお返事が滞っており、コメントを下さっている方たちにお返事も書けずに、不快な思いをさせてしまい本当に申し訳ありません
もし宜しければ、ブログ(URLをお持ちの方)の方に直接遊びに伺わせて頂き
コメントを残すことで、お返事に変えさせて頂く事ができれば、すごく嬉しいです
ない方にはこちらでお返事を書かせて頂きます
横着をして本当にごめんなさいm(__)m
皆様から頂きますコメントには とても励まされ頑張ろうという勇気が湧いてきます
どうぞこれからも温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します




スポンサーサイト
猫ボランティア | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
No title
無責任な餌やり、これは私もずっと昔から気になっている問題です。
先日も関連した記事を書いたんだけど「可哀想だから」と言う、
自分勝手な「偽善」がもたらす結果をまったく考えていないと思う。
餌やりをしている人を見かけると、声をかけずに入られません。
でも必ずと言っていいほど「だって可哀想でしょ」との返事....
話を聞いてくれる相手には、コンコンと説明するんだけど、
殆どの人が聞く耳持たずと言うのが現状。
まぁ聞く耳がある人は最初からしないけどね;;
センターの対応にも呆れるばかりだけど、結局悪いのは人間。
いつになったら無くなるんだろうと思うけど、
近年では自分の子供さえ捨てたり虐待が増えています。
なにかおかしいね。あまりにも命が軽視され、
自分勝手な人が増えてる。
だけどそれに目をつぶったら、自分も同じレベルに落ちてしまうから、
怒りをパワーに変え、自分に出来る事を続けていきます。
chacoriさんも負けないで!
No title
chacoriさん、お久しぶりです。

飼主の意識の低さに同じ福岡県民として怒りをおぼえました。
殺処分ゼロの熊本県とワースト1の福岡県、同じ九州にしてこの違い。
何とかできないものかと思います。
「これでいいのか、福岡県!」と口を大にして言いたい。
この記事、後ほどリンクさせてくださいね。
No title
お久しぶりです。やっぱり大変な時期でも新しい子を保護したりいろんな活動されていたんですね。
それにしても最後のトイレの放置の子の話は、捨てた人にも腹が立つけど行政施設の対応に一番腹が立ちました。
なんで融通がきかないんでしょうか!
命を助けられるってのにどうして。個人の保護活動してるのには無理なの!!信じられないよ。
許せません。これじゃ全然殺処分の数が減らないよ!!もう怒りしんとうです。
行政施設・・・足を踏み入れるのも辛かったけど助けるために頑張られたんですね。
そしてティガ君、Sさんのお陰で助かってよかった。
今後もまだまだ大変だと思いますが頑張って下さいね!!
No title
読ませていただきました
わが街福岡はまだこんな状態なのですか・・・落ち込みます
駅員も警察も管理センターもこんな事しかしないのですね
大体≪動物管理センター≫という名前からして嫌いです
No title
すみません
この内容の一部を福岡市のホームページの≪市長へのメッセージ≫にコメントしても宜しいでしょうか?
今までに2度程メッセージを送って回答を頂いた事があります。
希望は簡単にはかなえられませんが、少しでも実状を分かっていただけるかもしれません。
もしかしたら、もう同じ事をされていますか?
あるいは皆で市長へのメッセージにコメントしたら如何でしょう。
一人で書いても市長の目に留まらないかもしれませんので、皆でコメントを書いたらどうかと思うのですが・・・。
如何ですか?
はじめまして
☆まろん&ノエル☆のkettyさんのリンクからやって来まして、読ませていただきました。

まさに行政とのやり取りは、私が数回やって来たやり取りです。
警察も大した対応はしてくれません。
動物の面倒を見るほど、警察には予算も人手もないそうです。
内部に、動物に心を掛けてくださる警察官の方いたら、少し違いますが・・・でも、やはり最後は管理センター行きです。

私は市議どころか。。。衆議員さんまで動いてもらったのに
「誰を使っても出しません」
と、私の住んでる市の保健所で言われました。

殺処分はしたくないけど規則ですからって・・・

代議士秘書さんが県にまで確認し、県はOKを出してるのに、市が出さないの一点張りで、かなりもめました。
最終的には「今回は、特別扱いでも何でもなく、飼い主さんが居る」と言う名目で出して頂きましたが、あの行政の体質にうんざりします。
なぜ救える命を1匹でも救おうと考えないのか、努力しないのか。

はっきりと、殺処分なので「ゴミ同然」だと言われました。

週に2度、市の保健所へ県の愛護センターからお迎え(回収)がくるのですが・・・市の犬達がい入れられてる場所は。。。真夏はあの中で亡くなる子も居るだろうと想像できるほどです・・・

以前は直接市長へメールも何度出しましたけど、今では市長へ直メールは無くなってしまって、動物の事なんて、全く眼中にない、情けない市です。

期待できない行政ですが、飼い主の意識を高めるには、行政の力は大きいはず。
お互いに諦めずに頑張りましょう。。。と、月並みな言葉しかなくて申し訳ないです。
頑張ってくださいね。
No title
すみませんこの場をお借りします

やましたさん
福岡市役所のホームページの中の市長のオフィスをクリックすると福岡市長へのメッセージってありますけれど、市長に直で行かないのでしょうか?
市長が読んでくれたとしてどれだけの効果があるのかは分かりませんが・・・

管理センターの近くに住んでいるので近くを歩くと悲しくなります

どこかの知事の言葉「どげんかせんといかん!」
No title
☆yukiさん

ブログを読んで頂きましてありがとうございます
動物管理センターの実態は何度も何度も耳にしてはいたのですが、現実自分たちに起こりうるものだとは思ってもいませんでした
昨年10月より愛護法が施行され少しはマシだと思っていたのですが、それさへも行政にとっては”実行例がない”として扱われ、言い訳としかならなかったようです
福岡が殺処分ゼロとなるには管理センターへの持ち込み、また警察への引き渡しを無くす、100%の里親への譲渡しか道がないのかな~と思いました
管理センター(愛護センター)とは名ばかりですが
もう少し行政の体制が変わればと期待したいものですね
市長へのメール、もし宜しければ使って頂くと嬉しいです
私たちの街だからこそ、誇りと責任を持ってより良くしたいものですね!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。