スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

地域猫のあり方

2009/10/03 Sat 17:36

             里親様募集しております  


             モケモケの黒毛が可愛い子猫ちゃん

2009_0909_113217-IMG_3357_convert_20090909211429[1]

          生後1か月位   女の子  血液検査(未検査)  虫駆除済み  

               性格は明るく、しぐさが可愛い子猫ちゃんです
                    詳しくはこちらをご覧ください





もう10月ですね~、今年もあと少し(約3か月ありますが)
最近、1日・1週間・1カ月がすごく早く感じられます。歳のせいかしら(^^;)??


ずっと天気の悪かった福岡・・・今朝ようやく、晴れ間を見せましたよ~(^^)

2009_1003_082359-IMG_4080_convert_20091003162234[1]
雨がたくさん降ったので生き生きとするミント
ベランダで植物を育てるのは本当に難しい~と毎回ボスと共に嘆いています


2009_1002_094203-IMG_4060_convert_20091003172040[1]
今回の雨で見事復活を遂げたハツユキカヅラ
これで今年ももってくれるかしら( ̄ω ̄;)


我が家のマンション、バルコニーは広いのですがいかんせん屋根がない・・・
晴れの日は直射日光が植物を攻撃し、雨の日は我が家の洗濯物をダメにする

おまけに、室内に洗濯物を干せるような場所もない古いマンションなんです

何度、何度、乾燥機が欲しいと願ったでしょうか??
でも猫貧乏な我が家(笑)、まだまだ願いは叶えられそうにありませ~ん(^^;)

今日は洗濯物が思い切り干せそうなので、朝からフル回転しております





昨日の新聞にようやく、福岡市は10月1日から「地域猫」に限り、市の動物管理センターが不妊・去勢手術をする取り組みが開始されました


※ 地域猫とは??

地域猫(ちいきねこ)とは、特定の所有者(飼い主)がいない猫で、かつその猫が住みつく地域の猫好きな複数の住民たちの協力によって世話され、また管理されている猫のこと。
去年だけでも、福岡市の殺処分は2650匹、毎年殺処分率ワースト1位を守り続ける(嫌味を込めて)福岡市の住民は、この数がどれだけ大きく残酷なものかわかっているのでしょうか

この中には、特定個人や不特定多数によって、ただ給餌されるだけの猫は含まれない。特定個人によってのみ給餌されるだけの猫は当該個人の飼い猫であり、特定個人に養われていない(管理責任を持つ者がいない)猫は野良猫である。



この制度、去年から考案されていたにも関わらず、ようやくといった感じです
この地域猫制度は“猫トラブル”を防ぐためと、“殺処分”を減らすのが狙い

自治体や市民団体が費用を助成する例はありますが、福岡市自ら手術を行うのは全国でも珍しいケースらしいです


ただ、上記の説明を見てもわかるように、地域猫と野良猫の違いは・・・人の手によって変わるもの
一人は地域猫のつもりできちんとしていても、一人は餌をやるだけ(よく言う“可哀相”主義な人たち)の迷惑人だった場合、その猫たちは不妊・去勢手術を受けれないのかと悩んでしまいます


餌をやる以上当然、地域の方の理解や不妊・去勢手術、糞の後始末、ごみの処理(餌の袋や缶詰・ひどい場合残飯など)をしていくのが地域猫を認めてもらう事なのに、ただむやみやたらに餌をあげ後片付けをしない人が多すぎます

結局、中途半端な猫好きが、地域猫にしようというのを乱し、恐ろしい事に猫嫌いの人や虐待する人たちを生み出してしまっているのです

「地域猫」についてのガイドラインを策定してありますので、猫が好きな方・救いたいと思われている方・地域猫作りに参加されたい方はぜひ読んで欲しいと思います


2009_1003_125626-IMG_4102_convert_20091003161859[1]
この公園は、私の知人が周りの方のご理解を得て地域猫作りをされた公園です
毎夕、猫のご飯(カリカリ+ウェット)・猫の飲み水4L・陶器の器・新聞紙を持ってきて猫たちのお世話をされています
当然ここ一つだけではなく、すべてご自分で後片付け・糞の後始末、公園内のお掃除から草取りまでされて帰られます


これが地域猫を作るための義務だと思います


2009_1003_125247-IMG_4096_convert_20091003162931[1]
今日は訪れたのが真昼間だったため現れたのはこのサビちゃんだけ
不妊手術もしてもらっているのでプクプクとよく肥えております(^^;)

ここにいる子たちは、いえ、その方がお世話をされている子たちはみんな本当に幸せそうです

私は基本野良猫を作りたくはないのですが、これだけキチンとされているのなら地域猫も”あり”だと考えています





久しぶりの日差しに気持ち良さそうなラオ
2009_1003_110542-IMG_4082_convert_20091003162424[1]
カメラを向けられて少し不愉快そう~( ̄ω ̄;)


あ~、こんな時間帯が一番癒されます
2009_1003_110614-IMG_4085_convert_20091003162506[1]
私の1日のうちで、ゆっくりできる時間がこの子達にとってもゆっくりできる時間なのかもしれませんね~


常に傍に猫がいる生活・・・・
2009_1003_110643-IMG_4088_convert_20091003162555[1]
当たり前のようで当たり前じゃない
この子達を幸せにする事が私にとっても家族にとっても幸せな事だと感じる今日この頃です

いつも、ありがとう




最後に・・・・

私は団体で保護活動をしているわけではありません・・・一個人でしています
当然、すべての費用は自費(去勢・不妊手術、ワクチン、血液検査、病気などの治療、餌など)で行っていますが、できる事から少しずつと思い続けてきました

ただこの活動を続けていられるのも周りの方の協力があり、当然ブログなどを通して、温かいお言葉を頂いたりと私一人の力では何もできない事が皆様の支えによって大きな力となっています

この活動をすることでたくさんの方と知り合う事が出来ました
人の考え方は十人十色、様々な考えがあり、どれが正しくて、どれが間違っている、そんな考え方さえもしなくなりました
多くの事を知り、学び、それを生かす・・・


猫(犬も)の保護活動は自分にとって、また自分を成長させる意味でも本当に良かったと思っています
100%は絶対にあり得ないけど、自分ができる事を少しづつ・・・これからも変わらずに続けて行きたいと思います


スポンサーサイト
猫ボランティア | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
地域猫活動は私も以前から注目していました。
昔関わったボランティア団体でもその件が何度も議論されたけど、
「可哀想主義」の方となかなか相容れられず....
結局活動から抜けました。
「猫が」可哀想だけではダメだと思うんですけどね。
地域の方の理解と協力がなければ、共生するのは難しいとつくづく感じます。
今は特に活動をしていませんが、ブログで情報を発信したり、
chacoriさんのように活動されている方の、応援が出来ればと思っています。
微力ですが応援してます!でも無理しすぎないでね。
やっと晴れましたね。
ニャンコたちも日向ぼっこを楽しんでいますか?

そうそう、地域猫の件、私もいろいろ考えさせられました。
餌をやる人の気持ちもわからないではないけれど、これ以上増えないようにするのが大切。私もchacoriさんのお手伝いができたら・・・と思っています。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こっちも今日は朝から雨。昨日の貴重な晴れは姉さんも洗濯機回しまくったわ~(笑)
そして、屋根のない古いも一緒~!
で、元気になるのは雑草ってところは違ったわ(笑)

友達が餌やりするのに一緒させてもらったことがあるけれど、やっぱり片付け頑張ってました。
風で飛ぶ容器もダメだしね。
我が家の猫と同じようにお世話するのが基本なんだな、ってその時初めて知ったの。
大切にしたいという気持ちはあってもやり方やルール、するべきことが分からないこともあるから、こうやってchacoriさんのように教えてくださるブログはとてもありがたいよ!
何より、ひとつずつ出来ることをというchacoriさんの姿勢に教えられるばかり。
でも、どうか、無理をしすぎないでね(^^)
私も自分にできることを少しずつやっていかなくちゃ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。